貧血 鉄分

貧血の原因としてあげられる一番は、やっぱり鉄分不足!どうやって補う?

貧血のではこれが一番多い!もっとも一般的な、「鉄欠乏性貧血」とは

貧血には数多くの種類があります。しかし一番多いのは、やはり鉄欠乏性貧血でしょう。
これはその名前からも想像しやすいように、鉄分が不足して起こる貧血です。数多くある貧血の中でももっとも多い原因がこれなのですが、鉄分不足により赤血球の働きが悪くなるのです。
尚、「鉄分が不足する=赤血球の数が減る」と思いがちですが、鉄欠乏性貧血の場合はそのようなケースはほとんどありません。赤血球の絶対数はかわらないのですが、その中に含まれる血色素量が少なくなってしまうのです。この血色素は酸素と結合する力があるのですが、これが少なくなると、赤血球の数は足りていても、1つ1つの働きが悪くなってしまうのですね。
そして鉄分は、この大切な血色素を構成する必須成分なのです。

やっぱり食事改善が理想的か。鉄欠乏性貧血の改善方法

鉄欠乏性貧血の改善方法としては、やはり鉄分を摂取することです。もちろんサプリメントや薬からとるのもいいのですが、理想的なのは食生活を改善することでしょう。食生活を規則正しく、正しく栄養素をとるようにすれば、鉄欠乏性貧血だけでなく、ほかの症状を改善したり、体の調子自体を整える効果が期待できるからです。
鉄分豊富な食材としてよくあがってくるのは、ひじきやノリ、レバーといったものです。これらを一度に食べるのは苦しいですが、三食の食事にそれぞれ割り振ることができれば、摂取はそんなに難しくありません。積極的にとっていきたいものですね。