貧血 症状 まぶた

貧血、疲れ目、内臓疾患のサインにもなる、「まぶた検診」

まぶたは健康のバロメーター?!簡単にできるチェック方法

まぶた、というものを常日頃意識するひとはそう多くありません。女性にとっては、「アイシャドウをのせるところ」程度の認識でとどまっていることも多いのではないでしょうか。実際私もそうです。
しかしまぶたというのは、健康のバロメーターにもなりえます。まぶたに限らず、眼球などもそうなのですが、目の部分は体調不良を示すことがとても「上手」です。疲れ目や黄疸の症状も、よく目にでますね。
貧血かどうかをしるためにも、まぶたは大きな役割を背負ってくれます。

白くなっていたら要注意。貧血かどうかはこうやってわかる!

貧血のときに有効な「まぶた」は、上の方ではなく下の方。眼球の下側の部分を、指でちょっと引っ張ってみて、鏡に向かってみてください。簡単に言うと、「あっかんべー」の形を鏡の前で作るのですね。
健康な場合、この下まぶたは薄いピンク色をしています。普段意識していないからなぁ…というひとは、目の前のキーボードで、「まぶた 健康」と検索すれば、理想的なまぶたの画像がでてくるでしょう。
貧血の場合、この下まぶたが真っ白になるのですね。鉄分の不足により、まぶたの血管までは血がまわらなくなっているからです。
しかしこれでわかるのは、基本的には鉄欠乏性貧血の場合です。それ以外の貧血の場合は、顕著な症状が現れてるとは限りません。
ただ、「それ以外の貧血の場合は顕著な症状が現れない」といっても、もっとも多い貧血は鉄欠乏性のものです。
そのため、まぶたの自己チェックは大きな判断材料になります。